ロンドン銀行間取引金利は世界の金融機関の指標となる数値です

ロンドン銀行間取引金利とは、イギリスのロンドンで、銀行同士が直接お金の貸し借りを行う際に、貸し手側の銀行が提示する金利のことです。英語ではLondon Interbank Offered Rateといい、これを略してライボー(LIBOR)と呼ばれるのが一般的です。

英国銀行協会(BBA)が、ロンドン時間の午前11時に、ユーロ、米ドル、日本円など各国の通貨に換算した平均値を公表しています。この数値は、資金調達にかかる費用を決めるときの基準や、短期金利の指標として、世界中から注目されています。

この数値は、企業が国際プロジェクトなどで海外から融資を受ける際に、利息を「LIBORプラス何%上乗せ」という形で表示されたり、社債利息の目安として使われたりするなど、重要な金融指標です。世界の経済動向や業界の動きを知るためにも、ぜひ覚えておきたい用語です。

例えば企業が発行した社債の金利が、ロンドン銀行間取引金利と同じ水準だった場合は「ライボー・フラット」などと呼ばれますし、特に信頼の厚い企業は、ライボーよりも低い利子での資金調達が可能です。

ロンドンに対して、東京で行われる銀行間取引の金利はTIBOR(タイボー)と呼ばれています。これはTokyo Interbank Offered Rateから、それぞれの単語の頭文字をとったものです。タイボーもロンドンに負けず劣らず、金融機関の資金調達費の基準値として注目されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ