一年以内に回収や支払いができるかのワン・イヤー・ルール

ワン・イヤー・ルールは一年基準ともいわれています。企業会計上の貸借対照表において、企業の決算日の次の日から数えて、一年以内に費用の回収や支払ができるかどうかによって分類する企業会計上のルールのことです。

「一年以内に回収や支払いができるかのワン・イヤー・ルール」の続きを読む

カテゴリー:会計

親会社の単独決算と子会社などの連結決算との比率の連単倍率

連単倍率は、単体財務諸表の数値である親会社の単独決算と、連結財務諸表の数値である子会社と親会社を含めたグループ全体の連結決算との割合を表わしたものです。一般的には、利益の項目との比較で利用されることが多いのですが、売上高や総資産、純資産といった項目の比較で利用される場合もあります。

「親会社の単独決算と子会社などの連結決算との比率の連単倍率」の続きを読む

カテゴリー:会計

企業がグループ全体で得た最終的な損益の連結最終損益

連結最終損益は、会社がグループ全体で得た最終的な損のことをいいます。これはグループの連結損益計算書においては、当期純利益あるいは当期純損失の項目に記載される金額です。一般的には連結決算の対象となるのは本体である親企業の他、資本や経営が実質的に支配下にある子会社と、そして影響が及ぶ関連企業などとなります。

「企業がグループ全体で得た最終的な損益の連結最終損益」の続きを読む

カテゴリー:会計

企業財務の健全性を見る指標の一つであるレバレッジ比率

レバレッジ比率は、企業会計上の財務の健全性を見るための財務指標の一つです。会社の規模を示す自己資本に対する他人資本が、どれだけ存在しているか割合を数値で表わします。

「企業財務の健全性を見る指標の一つであるレバレッジ比率」の続きを読む

カテゴリー:会計

企業の事業活動の成果であり利益を源泉とした利益剰余金

利益剰余金は、企業の事業活動の成果から発生した、資本の増減した部分であり、収益を源泉してもののことを指します。

「企業の事業活動の成果であり利益を源泉とした利益剰余金」の続きを読む

カテゴリー:会計

企業が獲得した利益の内、社内で留保する利益準備金

利益準備金は、会社法で企業が獲得した収益のうち、企業内で留保すべきとして規定されているものを指します。本準備金は、企業会計の貸借対照表において、資本の部の利益剰余金の一つとされていて、利益剰余金は、損益取引によって生じた利益を源泉徴収する剰余金のことを指し、本準備金とその他剰余金に区別されます。

「企業が獲得した利益の内、社内で留保する利益準備金」の続きを読む

カテゴリー:会計

新株予約権を無償で割り当てる資本調達のライツ・イシュー

ライツ・イシューは、新しい株予約権無償割当とも呼ばれ企業の割当増資の一つです。既存の株主に対して、時価よりも安い株式価格で新しい株を買える権利を無償で割り当てる企業の資金調達のシステムを言います。

「新株予約権を無償で割り当てる資本調達のライツ・イシュー」の続きを読む

カテゴリー:会計

株価に対して何%の利益が見込めるかを示した予想益回り

予想益回りは、株式価格に対して、何%の利益が予想できるかを示したもので、1株あたりの利潤を元の株価で除して求められる指標です。これは株価収益率の逆数となります。

「株価に対して何%の利益が見込めるかを示した予想益回り」の続きを読む

カテゴリー:会計

総資産に占める利払いや返済が必要な有利子負債依存度

有利子負債依存度は、事業活動において財務の健全性や安全性を示す指標の一つとなっています。それは、企業会計の総資産に占める利払いや返済が必要な有利子の債務の比率をいいます。これは銀行からの借入金や発行した社債などの金利を返済しなければならない債務が、総資産に対してどのくらいの割合かがわかる数値となります。

「総資産に占める利払いや返済が必要な有利子負債依存度」の続きを読む

カテゴリー:会計

株式投資家より払い込みを受けて新株を発行する有償増資

有償増資は、株式会社が事業活動を継続していく上で必要な資金調達をするために、投資家より払い込みを受けて新株を発行することです。特定の対象者に対して割り当てる方法と、不特定多数の対象者に対して割り当てる方法があります。

「株式投資家より払い込みを受けて新株を発行する有償増資」の続きを読む

カテゴリー:会計

このページの先頭へ