長期にわたって利用または所有する資産の有形固定資産

有形固定資産は、企業などが長期にわたって、活用あるいは所有する資金であり、主に目に見える実態のあるもののことです。具体的には備品、器具、工具、車両、機械、建物、土地などがあげられます。これらの中には減価償却の対象となるものとならないものがあるでしょう。

「長期にわたって利用または所有する資産の有形固定資産」の続きを読む

カテゴリー:会計

持分法適用会社から計上される損益を示す持分法投資損益

持分法投資損益は、持分法適用会社から計上される損のことです。この持分法適用会社というのは、持分法が適用される、原則として出資比率が20%以上50%未満の関連会社あるいは非連結子会社のことをいいます。

「持分法適用会社から計上される損益を示す持分法投資損益」の続きを読む

カテゴリー:会計

他に比べて返済優先順位が低く相対的なリスクの高いメザニンファイナンス

メザニンファイナンスは、企業の資金調達方法の一つで、ローンや普通社債などによるデットファイナンスと株式などによるエクイティファイナンスの間に位置付けされる財務会計の方法です。その種類には劣後ローンとハイブリッド証券があります。

「他に比べて返済優先順位が低く相対的なリスクの高いメザニンファイナンス」の続きを読む

カテゴリー:会計

他の資産と振り替えて株主に新株を割り当てる無償増資

無償増資は、株式会社において新株払込金、単に払い込み金と呼ぶことが多いですが、この払込金を計上せずに他の資産と振り替えて株主に新株を割り当てることを指します。これは利益準備金や資本準備金を資本金に組み入れて新株式を発行するもので、投資家からの資金の払い込みはありません。

「他の資産と振り替えて株主に新株を割り当てる無償増資」の続きを読む

カテゴリー:会計

「法律上の権利」と「それ以外のもの」に分ける無形固定資産

無形固定資産は、企業が長期間にわたり活用もしくは所有し、利益をもたらされることが期待される、具体的な実態のない資金であり、有形ではないが財産としては価値のあるものです。大きく分類すると、法律上の権利とそれ以外のものに分けられます。

「「法律上の権利」と「それ以外のもの」に分ける無形固定資産」の続きを読む

カテゴリー:会計

納付すべき法人税、住民税および事業税の未払額未払法人税等

未払法人税等は、企業会計上の負債の一つです。都道府県民税、市町村民税、事業税の確定申告の納付税額の未納付金額及び、中間申告の納付金額を一時的に処理する目的の勘定科目です。

「納付すべき法人税、住民税および事業税の未払額未払法人税等」の続きを読む

カテゴリー:会計

事業活動以外の債務が確定していて未払いのものを表す未払金

未払金は、本来の事業活動における営業取引から発生する債務である買掛金以外で、本来の事業活動の取引以外のところから発生する債務と対象とする勘定科目を指します。

「事業活動以外の債務が確定していて未払いのものを表す未払金」の続きを読む

カテゴリー:会計

通常の営業以外の取引で発生した未収分を計上する未収入金

未収入金は、事業活動の営業利益から発生する債権である売掛金以外で、本来の営業取引以外の非継続的な取引から発生する債権を対象とする勘定科目のことで未収金とも呼ばれています。具体例としては、器具や備品等の売却、機械装置や車両運搬具等の売却、有価証券の売却のときの債権が該当します。

「通常の営業以外の取引で発生した未収分を計上する未収入金」の続きを読む

カテゴリー:会計

仕入先などに代金の一部または全部を前もって支払った前渡金

前渡金は、製品・原材料サービス・外注加工品などの買い物や依頼について、外注先や仕入れ先などに代金の一部あるいは全部を前もって支払った場合に使う勘定科目で、前払金とも呼ばれています。

「仕入先などに代金の一部または全部を前もって支払った前渡金」の続きを読む

カテゴリー:会計

提供されていない役務に前もって支払った場合の前払費用

前払費用はいまだに提供されていないサービスや労働に対して、今期に前もって支払った場合に使用する科目をいいます。本勘定科目は、決算時において、未だ提供されていないサービスなどに対して、今期に前もって支払った金額を来期に繰り越すために使用する経過勘定です。

「提供されていない役務に前もって支払った場合の前払費用」の続きを読む

カテゴリー:会計

このページの先頭へ