預金残高証明書の発行には時間がかかり当日発行はできない

預金残高証明書というのは、銀行における貯金の残り金額を示す証明書であり、それは特定の日付の貯金残高を示します。この書類は、相続や離婚、ビザ申請などの時に財産総額を示すために使用する場合があり、その書類には銀行の支店名や貯金の種類と残高、日付などが記載されています。

「預金残高証明書の発行には時間がかかり当日発行はできない」の続きを読む

カテゴリー:銀行

預金金利の自由化によって貯金口座の金利に幅が出る

金融機関での金利はその銀行ごとで決められているようになっており、定期貯金などを見ると金利額には数倍の差があるところも見られます。

「預金金利の自由化によって貯金口座の金利に幅が出る」の続きを読む

カテゴリー:銀行

預金は利息の付くものであれば、元本が一定額保証される

預金の種類には定期、普通、当座といったいろいろな種類のものがあります。最近ではネットバンキングというものも登場してきており、すべてインターネット上で口座開設の手続きも済ませられる場合もあり、大変便利な口座となっています。

「預金は利息の付くものであれば、元本が一定額保証される」の続きを読む

カテゴリー:銀行

要求払預金は貯金者の要求に応じて払い戻しのできる貯金

貯金の種類と言えば、普通や当座や定期などがありますが、このなかで定期貯金は一度口座を開設してしまうと、一定期間は貯蓄金を引き出すことができません。しかし、これに対して、普通貯金などは口座を開設しても、いつでも好きなときに貯金者が引き出すことができ、このようないつでも引き出せる貯金を要求払預金といいます。

「要求払預金は貯金者の要求に応じて払い戻しのできる貯金」の続きを読む

カテゴリー:銀行

郵政マネーは郵便貯金に預けられた国民の貯蓄金のこと

郵政マネーはゆうちょ銀行に預けられた国民の貯蓄金と、かんぽ生命の保険で納められている保険料の総額のことを示します。その総額は300兆円ほどと言われており、ゆうちょ銀行への預け入れ限度額が2000万円に引き上げられましたので、これにより貯蓄金が増えていきました。

「郵政マネーは郵便貯金に預けられた国民の貯蓄金のこと」の続きを読む

カテゴリー:銀行

遺言執行業務は相続業務などを引き受けることになる

遺言者が亡くなくなり、財産などの相続が発生する場合には、相続を開始していきますが、なにも遺言書に沿ってむやみやたらと行うわけにはいかず、ここは手続きなどを法律に従って行わなければなりません。そのために執行業務が発生し、執行者がそれらの遺言の通知などを引き受けるのです。

「遺言執行業務は相続業務などを引き受けることになる」の続きを読む

カテゴリー:銀行

モラトリアム法は住宅ローンの返済の猶予を延ばすことができる

モラトリアム法は別名では中小企業金融円滑化法と言い、その名前が示すとおり、中小企業の債務の支払いに関して、返済が困難な場合に金融機関に申し出れば、返済猶予を延ばすという対応をしてくれるものであり、金融機関に可能な限り条件の変更に応じるように努力しなさいという法律です。

「モラトリアム法は住宅ローンの返済の猶予を延ばすことができる」の続きを読む

カテゴリー:銀行

モバイルバンキングを使い携帯電話で取引を行う

最近の銀行であれば、普通口座以外にも、ネットバンキングを提供しているところも多くあります。これは通常の窓口に行って振込や引き出しを行うのとは別であり、インターネット上からこれらのことができるようになっています。

「モバイルバンキングを使い携帯電話で取引を行う」の続きを読む

カテゴリー:銀行

メインバンク制度は企業と取引金融機関の関係が長く親密なこと

企業が金融機関から借り入れを行う場合は、通常であればリスク分散や融資額を増やす目的で何社かと取引関係を持つのが普通です。しかし長い期間取引を行っていく間に、その中の一行とは濃密な関係を築き、多額の融資を受けていく間に、その一行とのみ取引を行うようになり、このような関係をメインバンク制度と言います。

「メインバンク制度は企業と取引金融機関の関係が長く親密なこと」の続きを読む

カテゴリー:銀行

無担保無保証でお金を借りる場合の融資金額

お金を金融機関などから借りようと思う場合は、当然のことながら通常であれば保証人や担保を用意しなければいけないときがほとんどです。

「無担保無保証でお金を借りる場合の融資金額」の続きを読む

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ