PCIDSSとはどういう意味でどこで主に使われているものか

PCIDSSというのは、Payment Card Industry Data Security Standardsの頭文字を取ったものです。これは、クレジットカードの会員データを安全に取り扱うことを目的につくられた、業界でのセキュリティ基準です。国際5大カードブランドが共同で設立したPCISSCによって運用されています。

「PCIDSSとはどういう意味でどこで主に使われているものか」の続きを読む

カテゴリー:支払方法

フェイルオーバーとフェイルバックについて

フェイルオーバーという言葉がありますが、これは稼働中のシステムが何らかの理由で障害が起こった時、代替のシステムが自動的に引き継いで処理を続行することです。
最近ではすべてが機械化され、何らかのトラブルが発生するとすべて停止してしまうような状態です。

「フェイルオーバーとフェイルバックについて」の続きを読む

カテゴリー:支払方法

ASPとは何か、どんな場面で使われる用語なのか

ASPとは、アプリケーション・サービス・プロバイダの略です。いろんなサービスを提供している会社のサーバに用意されているシステムに、使用する側がインターネットで接続するサービスです。

「ASPとは何か、どんな場面で使われる用語なのか」の続きを読む

カテゴリー:支払方法

オンラインショップで行われる消込処理とは

オンラインショップでは、商品が売れてその代金が入金になった時にその処理もしなければなりません。入金の消込と言いますが、売上が増えれば増えるほど、この処理の煩雑度が増えていきます。お客さまのことを考えて、決済方法をたくさん導入すればするほど消込作業が複雑になってしまうのです。

「オンラインショップで行われる消込処理とは」の続きを読む

カテゴリー:支払方法

決済代行を導入する際の方法で、ASPと接続モジュールの違いは

ネットショップを開設するにあたって、決済代行会社から決済方法を導入する際には、リンクタイプ(ASP)にするか、接続モジュールを組み込むか決める必要があります。リンクタイプ(ASP)は、お店のサイトから支払いの画面へのリンクを設定するものです。

「決済代行を導入する際の方法で、ASPと接続モジュールの違いは」の続きを読む

カテゴリー:支払方法

決済モジュールのしくみとその便利な点とは

ネットショップを運営する際には、決済システムを導入しなければいけません。それをするにあたっては、決済代行の会社に依頼することになります。

「決済モジュールのしくみとその便利な点とは」の続きを読む

カテゴリー:支払方法

継続課金システムとは何か、それを主に利用するところは

継続課金システムとは、定期購読代金や頒布会、定期購入代金などを継続して集金したい時に自動的に課金して回収するシステムのことです。集金を代行してもらうようなイメージです。これは、口座振替でも可能ですが、クレジットカードでの利用もできます。

「継続課金システムとは何か、それを主に利用するところは」の続きを読む

カテゴリー:支払方法

仮想口座のしくみとそれを使うメリットについて

最近では、仮想口座を使うところが増えてきました。これは、実在しない口座という意味ですが、「お客さま専用」というものです。例えば、Aさんは○○銀行△△支店、普通123456と設定され、またBさんには○○銀行△△支店、普通789123というように、それぞれに指定します。

「仮想口座のしくみとそれを使うメリットについて」の続きを読む

カテゴリー:支払方法

クレジットカード業界で使われる洗替とはどんな意味か

会社の経理処理などで、洗替という言葉が出てくることがありますが、これは簡単に言うと引当金などを翌事業年度に計算し直して計上することです。一般的には、古いデータを新しいものに更新すること、という意味で使います。

「クレジットカード業界で使われる洗替とはどんな意味か」の続きを読む

カテゴリー:支払方法

ECパッケージとは何か。その選び方のポイントは

ECパッケージというのは、ECサイト(インターネットショッピングサイト)がうまく運営できるようにサイトの構築をするパッケージのことです。これは、国内だけでも多くの種類があります。パッケージには、無料でダウンロードできるものから有料のものまであります。

「ECパッケージとは何か。その選び方のポイントは」の続きを読む

カテゴリー:支払方法

このページの先頭へ