ソニーファイナンスインターが発行するクレジットの特徴

株式会社ソニーファイナンスインターナショナルは、ソニーグループの金融会社としてサービスを提供してきましたが、平成25年9月30日開催の臨時株主総会にて解散することが決定しました。クレジットなど様々なサービスに関しては、2012年4月1日から株式会社アプラスインベストメントに受け継がれています。

ソニーファイナンス発行のクレジットと言えば、「eLIO(エリオ)カード」が有名で、ソニー株式会社開発の非接触ICカード技術が搭載されており、多機能なことで注目されましたが、2008年に主力であったANA eLIOカードの新規申し込みが終了すると同時に、提携eLIOカードのサービスも終了となりました。

現在では新ソニーカードとして、国内はもちろん海外でも使用可能なクレジットが発行されています。特典としては、ソニーグループでの優待遇割引があります。ただ、このカードにはeLIO未搭載なので、間違わないよう注意が必要です。

年会費は1,312円(初年度は無料)、リボ払い金利は12.0~18.0%、入会資格は20歳以上で安定した収入がある方になります。収入のない主婦の方や学生さんは、家族カードのほうをおススメします。

各クレジットにはそれぞれ魅力的なところがあり、どれが自分に合っているのかを決めるのは非常に困難なことだと思います。ポイントの還元率や特典など、あらゆる面から見定めてみることで自分に合ったクレジットを見つけられるはずです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ