国際ブランドVISAに対して誤解していませんか

VISAと言えば誰もが一度は耳にした事があるくらい知名度が高い国際ブランドの1つです。アメリカ合衆国に本社を置く国際決済業務を行う企業のことであり、決してクレジットカード自体のことを言い表しているわけではありません。

日本には既に溢れかえっている単語ですが、それはライセンスを直接または間接的に得た会社がカードを発行しているからなのです。国際決済業務の企業が自ら発行しているわけではないので、この辺は間違わないようにしてください。

ちなみに日本で初めてライセンスを取得したのは三井住友と言われています。また、宣伝も随分と強調したものになっているので日本にたくさんの種類のカードがあるにも関わらず「VISAブランド=三井住友のカード」と誤解してしまう方が多数いるのが現状です。もし、間違って解釈しているのであればこの機会に訂正しておきましょう。

カードの支払い方法には3タイプあります。まず1つは後払い式のクレジット、そして即時決済のデビット、最後に先払いのプリペイドです。日本ではクレジット払いを選ばれる方が多いですが、国際的にみるとクレジットよりもデビットのほうが利用金額は大きいです。

カードにブランドを付け始めたのはVISAだと言われており、クラシック、ゴールド、プラチナ、インフィニットの4種類に分けられています。そしてライセンスを取得した会社も真似て、同様に分類し名前を設定しているケースが多数になっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ