ディスカバーカードと提携したJCBはアメリカでも使えるのか

日本では、お店の前に使用可能なクレジットのステッカーを貼って分かりやすいようにしています。しかしアメリカでは、クレジットが使えるのは当たり前という考えから、そういったステッカーを貼るところはほとんどありません。

アメリカはVISAやアメリカン・エキスプレスのほうが一般的で、日本ではよく使われるJCBは使えないと断られることもあるのです。しかしアメリカの大手カード会社ディスカバー社と日本発の国際クレジットカードブランドJCBが提携したことで、アメリカでもディスカバーカード同様の方法でJCBカードも利用可能になりました。

スーパーやレストラン、大手販売店はもちろんですが他にも駐車場や公衆電話、ガソリンスタンドでも使用することが出来ます。ただ、ディスカバーカードとJCBカードが提携したことを知らない店員もいるかもしれないので、場合によっては断られるケースも考えられます。

その時は、両者が提携したことを教えてあげるとすんなりと支払い出来るかもしれません。
ここで1つアドバイスですが、アメリカに旅行や仕事目的で行かれるのであれば、クレジットは最低でも2枚は持っていくようにしましょう。

いくら大手会社と提携したからといって、全てのお店で使用することが出来るというわけではありません。おススメとしてはVISA、もしくはアメリカン・エキスプレス・カードなどを持っていくと万が一の時に対応することが出来るはずです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ