クラシックカードで受けられるサービスとその内容

クレジットといってもゴールドやブラック、プラチナ、ビジネスなど種類があります。高所得者向けのゴールドをはじめ、ライフスタイルに合わせて選ぶことが出来るのも1つの特徴でしょう。そしてクラシックカードもまた、クレジットの1種として多くの方々が利用しています。

クラシックカードを直訳すると「標準的なカード」であり、つまりはもっとも一般的という意味です。特徴としては年会費は無料から5,000円未満のものが多く(どちらかというと有料のほうが多い)、企業と提携しておらずカード会社が独自で発行していることが挙げられます。

また、利用限度額は10~70万円程度でサービスの内容(主に利用限度額やキャッシング、ポイントなど)に関しても比較的バランスが取れている印象を受けます。
ここで1つ注意として、多くのクレジットでは付帯保険がサービスとして受けられることが多いのですが、クラシックの場合必ず付いているわけではないので気を付けてください。

一般的な生活を送るうえで最低限必要なサービスを受けられますが、海外保険などの付帯保険は省かれていることがほとんどです。
旅行や大きな買い物など予定がなく、国内で普通の生活を送るだけなら十分です。

クラシックという単語は近年あまり使われなっているので、聞き慣れない言葉だと感じた方も多いかもしれません。クラシックとして世にカードを発行している企業では三井住友が有名です。種類も豊富にあり、中には学生向けのものまであるので、是非チェックしてみてはいかがでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ