近年のゴールドカードのあり方とそのメリット

ゴールドカードに対して、一度は憧れを持ったことがあるという方も多いかと思います。一般のカードに比べ年会費が高く、取得条件が難しいという印象を持っているのではないでしょうか。確かに年会費無料のクレジットが多い中、1万円を超える年会費は家計にとって大きすぎる出費です。

しかし近年では昔に比べると遥かに取得しやすくなったのも事実です。その理由の1つに種類が豊富になった事が挙げられます。年会費が3千円ほどのヤングゴールドカードをはじめ、割安に設定されているものまであり、また、券面は金色だけれどサービス内容は一般カードとほぼ変わらない、というケースもあり、一概に見た目が金色だからゴールドと決めつけることは出来なくなりました。

見た目で判断するのは難しいかもしれませんが、内容で判断することは十分可能です。ゴールドカードと呼ばれる代表的な特徴は、利用限度額が高いことが挙げられます。一般の場合はだいたい100万円以下に設定されていますが、ゴールドは100万円以上に設定されています。

他にも付帯保険が手厚いこと、世界の多くの空港ラウンジを無料で利用できること、ポイントの還元率が高いことなども挙げられ、充実したサービスが満載となっています。

年会費が高い分、いろいろとメリットがあるのが魅力となっているのでしょう。また高還元なので、上手に使うことで年会費をポイントでまかなうことだって十分可能なのです。一般のクレジットを使う機会が多いという方は、一度検討してみてはいかがですか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ