ブラックカードの年会費の相場と得られるメリット

カード会社で発行しているカードにはそれぞれランクがあります。最も利用者が多く取得しやすいのが年会費0円~3,000円程度の一般的なクレジットでは、その上にゴールド、プラチナと徐々に割引やサービス内容の質が上がります。そしてクレジットで最高峰と言われているのがブラックカードです。

ただし、ブラックカードだからといって券面が黒とは限らないので、見た目だけで判断するのは禁物です。ブラックカードと他のカードの違いは、なんといっても年会費の高さが挙げられます。ランクが2番目に高いプラチナの場合、年会費は2万円~10万円以上するものまでと差はあるものの、平均すると5~8万円といったところです。

しかしブラックとなると、「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン」は約36万円、「ダイナースクラブ プレミアム」は約10万円、「JCB THE CLASS」は約5万円と相当高額。そして入手自体がたいへん難しいのも特徴の1つでしょう。クレジットを持つ際、必ず行われるのが審査です。

収入は安定しているのか、家族構成、ブラックリストにのった過去は無いか、など調べられます。一般的なクレジットなら比較的誰もが通りやすい審査ですが、こちらはそういうわけにはいきません。何重ものクレジット会社による厳しい審査を通らなくてはいけなく、世界でも限られた人しか持てないのは言うまでもありません。

ブラックを持つと得られるメリットには、プラチナで受けられるサービスよりさらに向上し、利用限度額が高くなったり、保険内容が充実することが挙げられます。そして大きな違いと言ったら、高級シティホテルに宿泊する際、ツインルームを予約してもスイートルームにグレードアップしてくれることです。年に5~6回ほど利用すれば年会費の元も取れるかと思います。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ