RISを利用して悪質な加盟店を排除することができる

RISとは、RiskIdentificationServiceの略語であり、クレジットカードの国際ブランドであるVISAが提供しているサービスで、悪質加盟店を特定しアクワイアラーが行っている業務のリスクを管理・サポートするサービスのことです

アクワイアラーとは、クレジットカードの加盟店を管理する会社のことで、その中でも、加盟店を新規に開拓する業務が重要になります。これは、まだ加盟していない店舗等に対して、加盟することのメリットなどを説明しながら、加盟となるように働きかける活動です。

例えば、VISAやmaster、JCBといった国際ブランドのアクワイアラーの資格を有するあるクレジットカード会社が、その国際ブランドのサービスを付加したカードを発行した場合、当然のことながら、加盟店を増やすことにより、そのカードを利用して買い物をする機会が増えることとなり、その会社の収益につながります。

また、国際ブランドを付加している場合には、同じ国際ブランドを付加している他社のカードが、自ら新規開拓した店で使用された場合には、自社にとってもカード利用手数料の一部が収入となることから、加盟店を増やすことは、自社の収益増に直結するのです。

このようなことから、アクワイアラーには加盟店を増やすインセンティブがあるので、悪質な店を見破ることができずに加盟店としてしまうことも考えられます。そこで、VISAでは、悪質な店を特定し、アクワイアラーがその店を迅速に排除することができるように手助けをしているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ