カードアクティベーションはセキュリティ対策の有効な手段

カードアクティベーションとは、クレジットカードの発行を受ける際に、申込者が受け取った時点では使うことができないような状態にしておき、申込者が受け取った後に、本人確認など一定の手続を行うことで、初めて使用することができるようにする機能のことです。

クレジットカード会社に発行の申込みをし、その会社の審査を通ると、クレジットカードが送付され、その時点から、そのカードを使って買い物やキャッシングをすることができるようになります。この送付方法は、郵便による場合が多いのですが、残念ながら郵便は100%確実に送付先に送付されるとは限りません。

もちろん、送付されないということは稀なことではありますが、たとえ事例として少なくても、起こり得ることではあります。その原因としては、郵送過程での紛失の他、配達員による抜き取りなども考えられます。そのようなことが生じると、発行を申し込んだ人の知らないところで、カードの不正使用が行われる可能性もあるのです。

カードアクティベーションの機能が付加されていれば、たとえ郵送過程で紛失や抜き取りがあったとしても、申込者が受け取った後の一定の手続を行っていないことから、不正使用の危険性がなくなるという効果があります。

不正使用に関するリスクヘッジを考えるのであれば、この機能が付加されたものを利用することが考えられますが、この機能が付加されていないとしても、オンライン決済の際、本人確認サービスなど他のセキュリティシステムが整備されている場合もありますので、様々なセキュリティ対策を総合的に考えて判断する必要があるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ