サードパーティープロセッサーの活用による業務の効率化

サードパーティープロセッサーは、一言でいえば、クレジットカード会社の業務のアウトソーシング先となる会社です。
サードパーティーとは、第三者の団体といった意味で、クレジットカード会社でもその利用者でもない第三者の団体という位置付けとなります。

クレジットカード会社では、新しい会員の獲得・入会処理手続、会員が買い物をした際の販売承認手続(オーソリゼーション)、取引代金の決済などの業務を行っており、これらを「プロセシング業務」といいますが、サードパーティープロセッサーは、これらのアウトソーシングを受託することが多くなっています。

また、クレジットカードに関する仕事内容では、複雑化するとともに、オンラインの利用が進んでいることから、システムを使用することが欠かせませんが、このシステムの管理についてもアウトソーシングすることが多くなっているのです。

サードパーティープロセッサーにこれらをアウトソーシングする理由は、これらがクレジットカード会社にとっての中心的な業務ではないことが挙げられます。プロセシング業務はルーチンワークであるため、他の重要な業務に経営資源を投入する方が得策であるとの考えです。

また、プロセシング業務や、システム管理にかかる費用が大きいということも、理由の1つとして考えられます。ルーチンワークであるわりには、多くの人件費、物件費がかかりますので、アウトソーシングによるコストの削減を図っていると言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ