マーケティング活用による消費者への働きかけ

マーケティングとは、顧客が一定程度のニーズを有するターゲットとなる市場を発見し、そのターゲットとなる市場における顧客のニーズに適合するように、製品やサービスを提供するための企業等の一切の活動のことです。

これを行う目的は、ターゲットとなる市場を発見した後に、その市場に働きかけを行って、商品やサービスを購入してもらうことにあり、ターゲットとなる市場に働きかけるための手段の組み合わせを「マーケティング・ミックス」と呼びます。

マーケティング・ミックスは通常、製品(プロダクト、Product)、流通経路(プレイス、Place)、販売促進(プロモーション、Promotion)、価格(プライス、Price)の4つに分類され、それぞれの単語の頭文字をとって「4P」とも呼んだりします。

製品は、ターゲットとなる市場における顧客のニーズに適合するような製品、サービスを作り上げるための活動となります。流通経路は、商品・サービスの提供者から、そのユーザーとなる消費者にどのような経路で提供するのかを決めるための活動で、最終的な提供先をどこにするのか、物流システムをどのように構築するのかといったことを決定する必要があります。

販売促進は、企業が消費者に提供すべき情報を提供するための活動で、広告・宣伝、販売員による活動、広報活動などが該当します。価格は、消費者が支払うべき対価を決めるための活動で、定価、割引率などを決めることになるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ