代金回収のリスクとメリットを持つクレジットカード

店で買い物をした場合には、買主は代金を売主である店に支払わなくてはなりません。この場合、買主が現金で支払うのであれば、その現金を直接売主に支払い、売主から購入した品物を受け取れば、これで取引は終了です。代金回収とは、このように、代金を受け取るべき者(債権者)が、その代金を受領するためにする行為のことを指します。

上記のような現金での取引であれば、問題となることはそれほど多くないのですが、クレジットカードを利用して買い物をした際には、問題となる場合があります。

クレジットカードを利用して会員が買い物をした場合には、一旦、カード会社が代金を立て替えて店(加盟店)に支払い、その立て替えた代金を会員に請求することとなりますが、この場合、会員が登録した銀行口座等の残金が少ないなどの理由により、回収が期限よりも遅れる、あるいは回収が不能になるという可能性もあるのです。

このようなリスクを減らすために、会員とするか否かを判断する際に、収入などの審査を行います。

代金回収にクレジットカードを利用する場合、店にとっても問題となることがあり、現金のやり取りが難しいネットショッピングの運営者などは、利用者からのニーズが高く、運営者にとっても回収不能となるリスクが少ないクレジットカード決済の導入を考えることとなります。

導入に当たっては、クレジットカード会社との契約が必要となりますが、審査基準が厳しく、小規模の店では審査が通らないこともあるのです。そのような場合には、決済代行会社と契約し、決済手続きを全て代行してもらう方法があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ