ライセンスを取得するクレジットカード会社

ライセンスとはよく耳にする言葉だと思いますが、許可、承認、免許といったような意味を指します。自動車の運転免許証なども、公道で自動車を運転することができるライセンスと言えますし、身近な例としては、パソコンにワープロソフトや表計算ソフトをインストールする場合もライセンスが必要となるでしょう。

さらに、特許権などの知的財産権の所有者から、その知的財産権の使用を認められることを表す場合もあります。

クレジットカード関係では、JCB、VISA、master、AMEXといった国際ブランドが、自社ブランドを付加したクレジットカードを発行する権利を認めたり、加盟店の新規開拓をする権利を認めたりする場合がありますが、国際ブランドを付加したクレジットカードを発行することを認められた会社のことを「イシュアー」といい、加盟店の新規開拓をする権利を認められた会社のことを「アクワイアラー」といいます。

イシュアーは、国際ブランドを付加したクレジットカードを発行する権利を得るかわりに、「インターチェンジフィー」という手数料を支払うこととなり、アクワイアラーは、国際ブランド及びイシュアーにインターチェンジフィーを支払っているのです。

なお、この国際ブランドを付加したクレジットカードを発行する権利は、直接取得する場合もありますが(大手の会社の場合は、ほとんどが直接取得)、既にその権利を保有している者を通して取得する場合もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ