マーチャンダイジングは最適な商品、サービスを提供する活動

マーチャンダイジングとは、顧客や消費者が、購入することを望む商品やサービスを、最適な内容、数量、場所、価格、タイミング(これらを「5つの適正」と言う)で、提供するための企業活動のことで、「商品(化)計画」などとも呼ばれます。

マーチャンダイジングを考える上では、まずは、どの顧客・消費者をターゲットとして考えるのか、そして、そのターゲットがどのような欲求を持っているのか、を知るということが重要になってきます。

逆に、広報宣伝活動などにより、顧客や消費者の欲求を、自社が提供しようとしている商品やサービスと合致させる、という戦略も考えられます。

その上で、市場に投入する商品や、サービスの数量を考えていくこととなりますが、この数量という概念には、単純にどのくらいの数を投入するのか、ということもあるのですが、どの程度のラインナップとするのか、また、同じ商品・サービスの中でも、バリエーションの展開をどの程度行うのか、ということも含まれます。

例えば、クレジットカードの発行で考えてみますと、ラインナップとしては、自社ブランドのカード(プロパーカード)だけにするのか、提携カードも発行するのか、提携カードを発行するのであれば、どの企業と提携するカードを何種類発行するのか、ということが挙げられます。また、同じ商品・サービスの中でのバリエーションとしては、カードの色、デザインを数種類用意するということが考えられるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ