約定解除の具体的な事例とその内容について

一般的に解除とは、契約締結時に遡って白紙に戻すことをいい、たとえば、賃貸借契約などのような継続的に契約をする場合には、将来に向かって解消することから、解約とも呼ばれています。また、解約には、原則として3つの事例が存在していて、その一つが約定解除です。

これは、契約者が一方的に意思表示を行い、契約を解約したことを指し、そのため約定解除権が発生しますが、これはあくまでも合意によるため、この権利を保留にすることにより発生します。しかし、この保留は、必ずしも契約と同時期に締結される必要はありませんので、別個に締結させることもできます。

また、一方だけが保留にすることや、双方のために保留にすることも可能です。具体的には、当事者間で手付や買戻しの特約があるような場合は、双方がこの権利について当事者間合意があったとみなします。そこで、解約金を支払えば、いつでも解約が出来る場合が出てきます。

その他には、相手方に不渡り処分や破産というような信用不安や解散、合併のような信頼関係を損なう重大事情がおきた時です。あるいは、2ヶ月以上賃料を滞納したような場合は、貸主は、即刻無催告解約ができます。その他には、合意解除という契約継続中に当事者が協議して、その解約に合意するケースもあるのです。

最後の法定解除では、相手方に履行遅滞や履行不能なことがあった場合、売買契約における瑕疵担保責任によって解約することもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ