最初の契約締結と再契約締結の違いについて

一般的に契約とは、一定の当事者間において結ばれる法律上の拘束力を持つ合意を呼び、その契約を再度、同条件や異なる条件で結ぶことを再契約と呼びます。

しかし、場合によっては、いったん交わした契約を解除すると、再度契約を結ぶことが難しい場合もあり、たとえば、クレジットカードなどで、未払いや延滞などがあり解約となった場合では、数年たってから同じカードを作成しようと思っても断られることがあるからです。

しかし、盗難や紛失などによる場合には、一旦解除しても、再度契約することで再発行することができ、その手続きは簡単になります。
クレジットカードを作る場合は、個人の信用が重視されます。

作成したカードを利用すると、自分のお金でショッピングや公共料金の支払いをしていますが、実際には、支払いを先送りにして借金しているのと同等です。そのため、クレジット会社は、使用者がきちんと支払いしてくれるという審査を行わないと、会社がそのリスクを背負うことになるのです。

カードを作る場合は、借入をする時と同様に、発行会社は詳細な審査を行います。また、この審査に影響するのが、個人信用情報と呼ばれる個人の信用が記録された情報です。この信用情報がしっかりしていれば、問題なく審査を通り、カードを作ることができます。

そこで、信用を作るためには、きちんと返済をしていく必要が出てきますので、転職してすぐには、審査が厳しくなり契約ができないことも多々あります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ