バーチャルの意味とそれを日常生活で活用する

バーチャルとは、実態を伴わない、実質上のあるいは想定したものという意味で使用されています。実際、コンピューター分野で開発された言葉であり、これは、現実に存在する何かを、ソフトウェアやハードウェアの機能を利用して、再現されたものを見るものです。

またパソコンでは、ハードディスクをメモリの代用として利用するOSの機能や、確保されたメモリ領域を仮想メモリ、仮想記憶と呼んでいます。
あるいは、コンピュータシステムを構成する、マイクロプロセッサやメモリといった資源を利用して、柔軟に分割し、統合することをバーチャライゼーションと言います。

これは、コンピューターネットワーク上の仮想空間や、コンピューターが作り出した人工的な環境であり、現実を三次元空間に類似したような仮想空間として、その中を移動したり行動できる技術やゲーム、映画、日常生活の一部として体験することも可能です。

実は私たちはこのような空間を、インターネット上で商品を販売するウェブサイトやオンラインストアとして、アマゾンや、楽天、ヤフーなど身近なところで体験しています。

また、銀行も実際の店舗を持たずに、ネット銀行として普通銀行の役目を果たしているバーチャル銀行も存在していて、たとえば、新生銀行や住信ネット銀行、じぶん銀行などは、普通銀行よりも金利が高く、振込手数料を無料にして振り込みや預金ができるバーチャル銀行として機能しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ