マーチャントとはどんな時に利用されるのでしょうか

一般的にマーチャントとは、商人という意味になりますが、インターネット上で使用される場合には、ネットショップを運営する個人や企業のことを呼びます。
また、広告を発信する広告主や、アフィリエイトプログラムを利用して商品やサービスを販売する企業や個人を指すこともあるようです。

一般的にこのプログラムでは、広告主が、商品の販売や決済、在庫管理、配送、カスタマーサポートといった一連の販売活動に対して責任を負うため、アフィリエイトがそれらを負担することはありません。
金融業界では、マーチャントバンカーと呼ばれる業者を指すこともあります。

これは金銭のやり取りを行う時に、手形を使用することが往々にあり、手形の引受業務を専門的に行っている業者だったからです。これは19世紀頃、ロンドンで外国手形が発達したことによりますが、この外国手形を引き受け信用するときに、必要な業者として深く関与するようになったことが発祥と言われています。

また、引き受け信用では、手形の満期日に支払い保証します。そこで、政府系機関や大企業が関与する取引では、アレンジメントとしての役割も担っています。さらに国内の取引だけではなく、海外との取引でも利用されることもあります。

時には、海外企業だけでなく、海外政府とのアレンジメントを行う場合もあるため、ビジネス的な側面だけを見ても、このバンカーが果たす役割は、かなり大きな責任がかかる場合もあるようです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ