カード会員番号の利用と個人を認識する仕組みとは

カード会員番号とは、別名クレジットカード番号のことで、カード会社が、契約した会員を識別して管理するために必要となるナンバーです。これは、カード1枚につき1つずつ付与されており、その券面上に表示されるため、誰でもすぐに認識できます。

カード会社の一般的な業務として、会員登録やその利用代金請求等でこのナンバーが必要であり、インターネット上でクレジット決済する場合には、そのナンバー、有効期限、会員氏名だけの入力だけでは、第三者がなりすましてショッピングが可能なため、近年では裏の3ケタのコードも入力するようになっています。

この桁数は、各カードのブランドによって異なりますが、VISA、マスターカード、JCBは16桁、アメックスエクスプレスは15桁、ダイナースクラブは14桁です。こういった番号が表示される場合、最初の6桁が発行者識別番号を意味し、先頭の1桁を主要産業識別子と呼び、発行者が属している業界によっても割り当てられているようです。

また、12桁には会員の口座番号を、最後の1桁は、チェックデジットを起用して識別できるようになっており、チェックデジットを利用することで、数列の誤りを検出し、捏造防止が可能です。

また、一定の数式アルゴリズムに従って、付加される数値や記号を、バーコードとして銀行口座番号などで利用されています。真ん中の番号で最大12桁となっており、クレジットカード1枚毎に、固有のナンバーが割り当てられているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ