バーチャルモールの仕組みと利用者のメリット

バーチャルモールとは、楽天やヤフー、アマゾンなどに代表されるような、インターネット上に存在する仮想店舗が集まった商店街を言い、これは別名サイバーモールとも呼ばれています。ここでは、複数の企業や個人により運営するオンライン店舗が、多数設置されていることで、ショッピングやオークションなどが楽しめる仕組みです。

また、決済方法は、主にクレジットカードや代金引換が中心となるものの、店舗によっては、電子マネーが利用できるようにしているところもあります。 消費者には、サイバーモール内で商品を検索することで、個別にオンラインショップを探すことなく、多くの店舗の中から、値段や商品、ポイントなどを加味して比較できるメリットがあります。

一方売り手のメリットとしては、実店舗を構えるよりも安く出店できることがあるうえに、サイバーモールとしての知名度を利用して、商圏範囲を超えた顧客にも販売が可能です。

さらにEC Webサイトに必要な決済システムを、サービスとして利用できるだけではなく、モールのアドバイザーから販売ノウハウやアドバイスを受けて、売り上げを伸ばすことも可能ですが、オンラインショップの売上は、その一部を手数料として支払うことで利用できる仕組みとなっています。

実際、Eコマースが始まった頃には、多くのモールが登場しましたが、現在では大手だけが残り、ほとんどは市場から撤退してしまった厳しい状況とも言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ