マーチャント・カテゴリーコードを使用する目的

マーチャント・カテゴリーコードとは、カード会社がその加盟店を日常的に管理するために、その業種を分類して特定するための番号です。これは、分類するために数字化したものを呼び、一般的に、顧客がクレジットカードで買い物をする場合、カード会社がその代金を立て替える仕組みで、契約が成り立っています。

一方、加盟店がクレジットカードを導入し、この番号を利用する理由は、顧客を取り逃がすことがないというメリットがあることです。

実際、顧客がカードを利用すると、加盟店は利用代金の3~7%ほどに決められている手数料を、信用証明として会社に支払っていますが、これは商品代金の中から手数料を支払うので、加盟店にとっては、儲けが減ってしまいます。

しかし、顧客が現金を持ち合わせていない場合や、高額商品の購入をあきらめることで、顧客を逃して売り上げを減らすよりも、儲けを減らすことを優先し、そうすることで結果的には店の利益を増加できるのです。

また、顧客心理として、現金だと高額商品をなかなか購入できなくても、クレジットカード支払いでは分割払いも可能となるため、思い切って買うという人も多いからです。

このように、クレジットカード会社は、加盟店からはその手数料と引き換えに、売上げをアップさせるメリットを与えています。また、全国規模の多くの店舗を管理するためには、これらのコードを利用することで、より効率的に管理できるというメリットがあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ