RCLとは一体どのようなものを呼ぶのでしょうか

クレジットカードを紛失したり、盗難に遭った場合には、カード会社に申請すると利用をストップすることが可能です。また、不正使用や延滞が続いた場合は、その使用ができなくなることもあります。

RCLとは、無効通知リストと呼ばれるもので、主に取引が禁止されている、あるいは加盟店からの承認が下りないなど、無効になったカード番号の一覧表をそう呼んでいます。これは、別名無効番号表とも呼ばれ、盗難や紛失、不払いが原因で無効になったクレジットカードの番号が記載されているのです。

これを出す理由には、無効カードが使用されないようにする目的があり、一定期日毎に、全加盟店に対して発行されています。
また、万が一、この無効通知リストに記載されているのにも関わらず、確認を怠って加盟店が与信した場合には、発生する負債は原則加盟店の負担となります。

そのため、加盟店では顧客が提示したクレジットカードが、リストに登録されているかどうかをチェックして、リスク回避と犯罪の未然防止が可能です。このリストは、現在はCAT端末でチェックできるようですが、以前は紙で共有されていました。

近年では、決済システムのオンライン化に伴い、オーソリゼーションと呼ばれ、自動的にチェックできるようになりました。その結果、現在も無効通知リストを利用して、照会している加盟店はほとんどありません。

それは、クレジット・オーソリゼーション・ターミナルや、クレジット・センター・ターミナルなどの端末を設置しているため、端末を通じて全カードが自動的にチェックできるからです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ