カード規格化の仕様基準とさまざまな加工種類

本来カードは、簡単なメッセージを書くものとして利用されていましたが、その形が持ち運びに便利だったこともあり、近年では、様々な用途に使われるようになりました。一般的に使用されるカードは長方形が多いようですが、近年では角に丸みを持たせたものも出ており、端に手で触るだけで区別できるようになった、切り欠き付きのものもあります。

このように、近年では、なんらかの情報が書き込まれた、情報交換の道具として使用されており、素材には、紙やプラスチック、金属でできたものになっています。カード規格化とは、形や大きさ、磁気コードなどの仕様を、一定基準に合わせて統一することを指します。

この標準サイズは、クレジットカードや定期券として利用され、機械で読み込めるようにISOやJIS等で規格化されています。これは、機械で処理しやすいというメリットがあり、その材質には、プラスチックのものもありますし、紙にラミネート加工したものや、プラスチックに塩化ビニル樹脂やPET樹脂したものも出ています。

さらに、表面に印刷の他に凸凹をつけたり、磁気カードやICカード、光メモリなどを付けて情報を記録することも可能となっています。

また、文字や図形、写真の他に、バーコードも使用されており、個人情報が漏洩しないように、カードの偽造や変造防止として、発光インク、隠し磁気コード、 識別器を使用して判別できるようになっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ