ナウアカウントとは米国の何のための銀行口座になりますか

一般的には、米国の預金口座システムをナウアカウントと呼ばれ、 第三者の預金口座に資金を振り替えることができる、当座預金として利用されています。これまでは商業銀行にのみ、その開設が認められていましたが、1972年6月以降は、貯蓄銀行でも開設ができるようになりました。

日本の当座預金は、消費者、事業者、法人が手形や小切手の支払を決済するものとして利用されています。これは、日本の法令により無利息となっていますが、開設手数料を定める金融機関もあり、払戻請求は小切手か手形で行います。

この口座も、預金保険法で決済用預金として、金融機関が破綻した場合でも全額保護対象です。
また、定期預金は、満期日や据置期間を設定して、その期間中は払戻をしない条件で一定の金額を預け入れるものになります。

さらに、銀行や証券会社といった700ほどの金融機関が、日銀に預金する当座預金もあります。これは、個人や企業への払い戻し、金融機関どうしの送金、コール取引などの決済の場で利用可能なようです。

また、日本の普通預金は、自由に預け入れ、払い戻しができる口座であり、銀行取引で振替などでも利用されている基本的な預金商品です。これは、日本では一般的に利用されて、要求払い決済用口座として金利が付与されていますが、世界的には珍しい口座として存在し、米国の貯蓄貸付組合が使用するNOW勘定口座がこれに近似しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ