バーチャルリアリティの仕組みとその利用に必要なもの

バーチャルリアリティとは、コンピュータによって作り出された世界を、コンピュータグラフィックスを利用してユーザに提示することです。これは、現実世界を何らかの方法で取得してオフラインで記録する、あるいはオンラインでユーザに提示するものとに分かれます。

後者の場合は、ユーザが遠隔地にいる場合に、空間を共有する必要がでてくるため、テレイグジスタンス、テレプレゼンス 、テレイマージョンが挙げられるでしょう。

また、3次元の空間性、実時間の相互作用性、自己投射性の三要素を伴っているため、通常は視覚や聴覚を利用可能ですが、場合によっては触覚、力覚、前庭感覚などのインタフェースルも必要になります。

これは、1968年にアメリカのユタ大学のアイバン・サザランドによって、ヘッドマウントディスプレイ、頭部搭載型ディスプレイHMDとして提案され、最初のバーチャルリアリティとして認識されました。しかし、視覚的なものとしては、1991年にイリノイ大学のトーマスデファティらによって提案されたものです。

もともとこの基礎となる技術と応用、技術を構成するためには、コンピュータ科学、ロボティクス、通信、計測工学と制御工学、芸術や認知科学などの知識が必要です。

また、その応用には、科学技術による情報を可視化することでソフトウェアを構築してセキュリティ対策を行います。そして、訓練していくことで、医療や芸術など幅広い分野で利用することが可能になるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ