マイクロペイメントが考案された理由と利用される場

通常の支払いシステムを利用する場合、少額決済では、その経費が掛かりすぎるため現実的ではないことがあります。そこで、少額金銭を支払うための手段として考案されたシステムがマイクロペイメントです。

この言葉は、もともとアメリカが起源で、1ドルの1,000分の1を意味し、ミル単位の支払いを効率的に行うシステムとして実用化された背景があります。事例としては、公共交通機関、大学の学生食堂、道路通行料金などの使用例です。近年では、インターネット上のコンテンツ料金を集める手段としても利用しています。

また、オンラインの収入源としては比較的新しいものになりますが、基本的な構造は、多数のコンテンツ閲覧者から、それぞれ少額の支払いを求めるものとして利用可能でしょう。具体的には、ウェブコミックの作者が、オンラインコミックを格安の25セントで閲覧可能にする、といったような形態で利用されています。

また、より小さなコンテンツでは、1セント以下の少額支払いとして、オンラインマガジンを1ページ0.1セントで販売するといったようなこともできるのです。
最近では、クレジットカードなどの電子支払いなどで使用されており、多くはネットワーク型や、プリペイドカード型の電子マネーとして使われています。

前者の場合には、専用の電子財布に自分の口座から金額を引き出して使い、後者は提携店舗で購入したプリペイドカードに記載された番号で決済が行われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ