ライフタイムバリューとは何をいうのですか

ライフタイムバリューとは、顧客生涯価値という考え方で、実際には、商品やサービスを提供する流通業界を中心に利用されています。これは、「それを利用することで、満足度が高まり、自社のファンになると、生涯自社に大きな利益をもたらしてくれる」という考え方です。

近年日本では、顧客ニーズが細分化され、流通の形態も多様化しているため、マーケティング手法として利用されており、ここでは、顧客との良好な関係を保つことで、その人が長期的に利益をもたらすという考えに基づいています。

例えば、顧客は商品やサービスの満足度が高いと、そのファンとして支援してくれるようになり、長期にわたり利益をもたらし続けてくれます。そして、次回の購入時も、その企業の商品を選び、その関連商品を購入し、口コミをしてくれたりするでしょう。そのため、企業は顧客生涯価値を最大化するために、いろいろな対策を実施するのです。

実際、アップルや楽天、グーグルなどはこの対策を実施している好事例です。
また、クレジットカード会社では、その使用料が多ければ限度額が増え、ポイントの付与率も良くします。銀行では一定の預け入れ水準に達すると「ゴールドカード」などに変更し、利率や手数料などのサービスで、付加価値を提供しています。

このように、既存顧客の満足度を上げて、自社のファンになってもらい、離反を減少させる方が、新規顧客を獲得するよりもビジネスでは重点が置かれ始めています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ