カード偽造手口とその被害及びカード会社の対策

クレジットカードには、その内部に内蔵されている磁気記録媒体があり、その磁気ストライプに個人情報が記憶されています。カード偽造とは、個人情報を盗み読みし、その情報を移して作られた偽物のクレジットカードです。

場合によっては、磁気ストライプ部分をコピーするケースや、利用明細書からデータを抜き出す、加盟店ぐるみで偽造カード作成をしているようなケースも出ています。

近年では、金融機関のシステム開発や、運用を任されているシステム会社社員による偽造が多発しており、これはシステムへのアクセス権に関連したことが多く、金融機関をはじめ、カード会社ではそのセキュリティ対策や防止を強化しています。

偽造されたものは、本人がカードを所有したまま、別のところで使用されることが多く、そのため、盗難や紛失した場合とは異なり、その不正使用が発覚するまで、その利用を停止することはありません。結果、発覚した時は、個人的な対策ができずに大きな損害に発展するケースが多いようです。

そこで、カード会社ではその対策を年々強化しており、たとえば、写真が入ったもので本人確認ができるものや、磁気ストライプ仕様よりデータを盗むことが難しいICの普及などを進めることで、セキュリティ対策をしています。また、自社のホームページなどでも、その対策を呼び掛けていますが、犯罪とのイタチゴッコが続いているようです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ