マイクロマーケティングを行ったクレジットカード

マイクロマーケティングとは、通常のマーケティングとは異なり、一人一人にターゲットを絞ったマーケティング活動のことを指します。昨今の多様化する顧客ニーズに合わせて、細かくサービスや商品を提供することで、狙った顧客に対して効率のいいビジネス展開を行うことが出来ます。

その為には、顧客の消費活動行動や、何を求めているのかなどを予測する判断データが重要になり、一人一人にターゲットを絞ることで、予測の多様化もありえます。細かなセグメントに分けることで、同じサービスを求めている顧客に対し、効率のいいビジネス展開を行うことができ、顧客を獲得する狙いがあるのです。

クレジットカードの場合には、ゴールドカードやプラチナカードなど、ごく一部の人が所有するクレジットカードのビジネス展開を、マイクロマーケティングと呼び、コンシェルジュなどを通して独自のサービスを提供し、各個人に合わせたサービスを行うことで、次のビジネス獲得が可能になります。

これにより、顧客は自分だけのサービスが行われることから、会社側としても、この顧客がどのような情報、注目、認識を期待しているのかを前提に特別な優遇を行えるので、興味がありそうなサービスや商品を勧めることができるのでしょう。

このようなビジネススタイルから、ワンツーワンマーケティングとも呼ばれ、各個人に合わせたビジネスを展開することが可能になるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ