ネットセキュリティで気を付けるべきURLとは

URLとは、インターネット上に存在する情報の場所を示すアドレスのことで、インターネットでクレジットカードを利用する場合には、このURLに気をつけないといけません。

フィッシング詐欺サイトと呼ばれる、本物に似せたサイトが数多く出回っており、クレジットカードサイトであればログインIDやパスワード、ネットショッピングに偽装したサイトであればクレジットカード番号や有効期限、氏名などを抜き取る目的で作られています。

本物に似せていたとしても、アドレスまでは偽造できないので、本物なのかを確認する為に、URLをチェックする必要があります。

フィッシング詐欺サイトは、端から見れば本物に似せているので、アドレスさえ気にしなければ本物と間違え、ログイン情報などを悪意のある第三者に伝えてしまうので注意が必要となります。このようなサイトは検索などで見つけることは出来ず、アドレスを記載した迷惑メールとして受け取ることになります。

この時に、ログインさせる為のメッセージが記載されており、簡単には無視できないものとなっています。
対策としては、迷惑メールフォルダーに受信することや、送られてきたメールアドレスを確認することです。

公式サイトで、メールに記載されている内容が書かれているのかどうかを確認する必要もあります。悪意のある第三者は、情報を盗む為にログインさせる理由として、「不正アクセスが行われました」などと、トラブルを偽造してきます。このようなトラブルが発生しているのかどうかを、自分でチェックする必要があるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ