借金における債権買取りの意味とメリットとは

債権買取りとは、債権を買取る事で、主に消費者金融や金融機関などが回収できない債務者の債権を、債権回収業者に売ることで、債権の回収を移行することになり、このような会社のことをサービサーと呼ばれています。債務者は、返済先が消費者金融などの金融機関からサービサーへと移行するので、新しい借金返済方法になります。

消費者金融などの金融機関のメリットとしては、返済の見込みがない借金を売ることで、融資を行った債務者との関わりが無くなる一方で、本来回収できる金額を格安で手放してしまうデメリットもあります。

債権回収業者としては、格安で債権の買取りを行ったので、これから回収できる借金が利益を生むものとなり、また、借金を行った人にとっても、利子がリセットされるので、返済額の減額が行われ、双方にメリットがあるのです。

法律上ではサービサー法で守られているので、不当な取り立てなどが行われることはなく、法務省から認められた回収業者だけが行える業種なので、サービサー会社とも言われています。サービサーはこのような借金返済による利益から、代物弁済による決済も可能で、代物弁済の場合には、土地などの不動産による担保を使った返済方法となります。

デメリットとしては土地を手放すことですが、メリットの方が大きく、土地を売る場合には、競売にかけることで時間がかかってしまいますが、担保で代物弁済を行うことで、即座に借金の返済をし、不動産はサービサーの所有物として利益を生みます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ