タイプアプルーバル認定のクレジットカードとカードリーダー

タイプアプルーバルとは、クレジットカードを読み取るリーダーや、カード本体に対して与える形式認定の事です。クレジットカードは、国際ブランドを発行する会社以外に、プリンシパルメンバーと呼ばれる提携会社が発行することが多々あります。

日本の場合では、VISAカードを発行する三井住友やセディナ、クレディセゾンなどが該当し、アメリカの会社であるVISAが直接カードを発行しなくても、プリンシパルメンバーがVISAに関するサービスの業務を請け負っているのです。ここで発行されるクレジットカードにVISAが認めたものが、タイプアプルーバルとなります。

加盟店に設置しているリーダーも認定したものが置かれており、国際ブランドの会社が認めたものなので、取引における細かなデータやり取りなどが厳密に仕様が決められていることから、安全に利用することが出来ます。

日本の場合にはVISA、マスターカード以外に、国際ブランドとしてJCBが多く普及しており、日本に拠点を置いているのでJCBが直接発行を行っていますが、プリンシパルメンバーを集めて、タイプアプルーバルを行っている会社となります。

その為、プリンシパルメンバーには大手提携会社が多く、ポイントなどの独自サービスで差別化が行われています。

クレジットカードビジネスは全世界的に広がりを見せているので、手が届かない地域などには下請け会社としてメンバー権を与え、その地域でのビジネスを手伝っている仕組みと言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ