データを加工する前の生データを使って情報分析

分析を行う書類を作成するにあたって、大元の情報から必要な情報を抜き出すことでデータを作ることが出来ますが、その大元の情報の事を「生データ」と呼んでいます。

主にマーケティングやデータマイングなどの情報解析に利用するもので、例えば、店の売上の生データだけでは大まかな情報しかわかりませんが、時間別に商品の売上を割り出したり、商品別の売上を割り出すことで、細かなデータを入手することが出来ます。

その為、情報の大元である生データは重要な存在です。
ここで抽出されたものはサマリーデータと呼ばれ、これで解析を行います。利用者の行動から人気商品の動きなどを見ることで、次のビジネス展開へと広げることが可能です。

クレジットカードの場合には、クレジットカードの契約者数などが該当し、マーケティング会社からどのクレジットカードが人気があるのかが公表されるので、この情報を解析し、魅力的なサービスがあったから契約者数が増えたのか、人気がないものはなぜ人気がないのかを予測することが出来ます。

最近では、インターネット上でクレジットカードを使う傾向が強く、インターネットとの連動が注目されています。

指定されたネットショップで買い物を行うと、ポイントが倍増になるなどのキャンペーンも積極的に行われていて、インターネット会社なども積極的にクレジットカード事業に乗り込んでいます。これも分析を行った結果であり、今後のマーケティングにも重要な要素となるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ