バイオメトリクスを使った新しいセキュリティ

バイオメトリクスとは生体認証技術の事で、クレジットカードの不正利用を防ぐためのセキュリティシステムの一つです。指紋や目の虹彩、声紋、指や腕の静脈の情報を、ICチップの情報として登録しておくことで、第三者からの不正利用を防ぐ役割があります。

バイオメトリクスは、キャッシュカードを中心に金融関係で広がっており、銀行ATMには指の静脈を読み取るセンサーが搭載されていますが、コンビニATMにはまだ整っていないシステムとなるので、完璧に利用できるシステムではありません。

クレジットカードでも導入が遅れています。利用店舗がなかなか生体認証システムの導入が出来ておらず、システム機器の導入の負担や、すぐに導入するメリットが少ないことが課題点として挙げられます。

顧客がそのようなカードを所有する割合がまだ少ないことや、機器の導入コストを考えると、従来の暗証番号によるセキュリティの方を選ぶ利用店舗が多いです。また、パソコンで利用する場合にも専用機器の購入が必要であり、パソコンユーザーがネットショッピングなどのクレジットカード決済のために、機器を購入することがありません。

この様な事情から普及の遅れが目立っています。
新しいテクノロジーとして、指紋だけでクレジットカード不要の決算が出来るシステムの研究が行われています。

これを使うことで、指紋だけでシステムが個人を割り出して、そこに請求を行う仕組みになっており、クレジットカードが不要となる環境が作り出されているので、バイオメトリクスの発展した形となるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ