毎月返済額選択システムのメリットとデメリット

毎月返済額選択システムとは、クレジットカード利用者が請求額を任意でリボルビング払いを行うことで、請求額を減らして翌月、翌々月に負担を行うものです。

クレジットカードの使い過ぎや急な出費が重なり、請求額を支払えない場合に、クレジットカードの請求日の数日前に、リボルビング払いを申し込むことで、請求額の一部が翌月、翌々月に回されます。

リボルビング払いは、元金の返済方法が金額に合わせて返済月が伸びる仕組みで、毎月の返済が一定額をキープしているので、新しくリボルビング払いを行ったとしても、返済月が伸びるだけで、毎月の負担が増えないことが特徴となります。

この仕組みから、クレジットカードの利用額を把握できずに、新しいリボルビング払いが行えることから、毎月の支払いが増えないことのメリットと対照的に、利用額の把握が出来ないデメリットがあるなどの問題点も抱えています。

もちろん、毎月返済額選択システムを利用すると手数料が発生するので、長期的な利用が長引けば長引くほど、手数料の負担が大きくなります。その為、元金よりも多くの支払いが続く可能性がありますが、上手に利用することで、月々の負担を軽減することができます。

急な出費や、来月の請求額に対する支払いに不安がある場合には、毎月返済額選択システムを選ぶことで、支払いの救済システムとなり、長期的に利用した場合には、負担が増える可能性も視野に入れなければいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ