LANを使う場合にクレジットカードで気を付ける事

LANとはローカルエリアネットワークの略称で、家庭やオフィス、研究所、工場などの一定エリアにおけるコンピュータネットワークの接続網の事を指します。LANにWANと呼ばれるワイドエリアネットワークに接続することで、全世界のネットワークに接続を行い、インターネットへと接続する仕組みとなっています。

クレジットカードをインターネットで利用する際にもLANを経由して情報を送るので、オフィスやフリーのWi-Fiスポットなどでクレジットカードの情報を入力する場合には、セキュリティ面で気を付ける必要が出来てきます。

ネットワーク管理者がわからないネットワークを利用して、クレジットカード情報を入力した場合には、情報が抜き取られる可能性があり、インターネットの世界ではカード番号だけで決済することが可能なので、どこで不正習得されて、誰が利用したのか分からないのです。

昨今ではスマートフォンの普及から、Wi-Fiを使う機会が増えてきており、スマートフォンでネットショッピングなどクレジットカードを利用する機会も増えてきました。その為、コンピュータ同様にスマートフォンにも、セキュリティソフトの導入が求められており、通信内容が盗み見されないようにSSL通信を行っているか、確認が必要です。

SSL通信は、通信内容が盗み見されない仕組みの一つで、クレジットカードの入力画面などで多く採用されていますが、一部のサイトでは採用されないままの場合もあります。SSL通信を行うと、ブラウザに鍵のマークが表示されるので確認できるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ