マスターカードの国際決算システムINETとは

INETとは、マスターカードの国際決算システムの事で、システムにはVISAのベースツーと呼ばれる、決済業務に関するデータ処理専用の回線が使われています。
マスターカードは、国際ブランドのクレジットカードとして、日本以外にも世界中の加盟店で利用できる、汎用性の高いクレジットカードです。

その為、海外で利用するためには、INETシステムを導入することで、ドルで売られている商品をマスターカードで購入しても、日本円で請求されることになります。これにより、海外での買い物も容易になり、インターネットを通して海外の有料サービスも受けることができるのです。

特に、マスターカード、VISAカードの場合には、全世界で知名度が高く、汎用性も高いクレジットカードになるので、加盟店の多さからもINETの必要性があります。

国際決算を行うクレジットカードの特徴としては、国際決算システムの充実や加盟店、カードの普及実績、そして24時間受け付けられるオーソリーシステムの整備が求められ、汎用性の高いものほど、システムが構築されています。

マスターカードは、アメリカのクレジットカードになりますが、このシステム構築が完成していることから、日本でもプリンシパルメンバーと呼ばれるマスターカードを発行できる会社が多く、日本で利用する場合にも加盟店の多さから困ることがありません。また海外で利用する場合にも、日本と同様に利用することが出来るのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ