個人でも企業でも財政状況の要である債権管理とは

債権管理とは、現在の債務状況を管理することで、身近なものとしてはクレジットカードの利用状況が該当します。クレジットカードは、カード会社が一時的に利用金額を支払い、請求日にまとめて支払う仕組みですが、一時的に利用料金をカード会社が支払うということは、借金をしていることと同じです。

その為、利用者の一部には金銭感覚がマヒしてしまい、カードホリックと呼ばれる、無計画に利用してしまうケースもあるので、債権管理が重要になるのです。
主に、クレジットカードの利用状況を把握することが、債権を管理するポイントであり、今月はどのくらい利用したのかを把握することで、支払日を安心して迎えることが出来ます。

もし、無計画に利用してしまうと、支払日に支払える金額がないことから、リボルビング払いなどを行って凌ぐ必要があり、多重債務者になる可能性を秘めています。リボルビング払いは、借金が増えれば増えるほど、毎月の返済額が増えないので借金をしている認識が甘くなります。

その代わりに返済期間が伸びてしまい、期間に応じて金利が増えるので、お得な方法ではありません。
クレジットカード以外ではキャッシングなどの融資を受けるサービスにも該当し、収入に見合った返済プランが望ましく、計画的に個人の財政を動かさないといけません。

債務管理は個人だけではなく、企業の債務状況を管理する目的もあり、企業の場合には個人とは大きく状況が異なるので、システム導入などが行われます。借入金から売上、損益などをまとめて経営方針を定めるので、重要なデータです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ