データベースの情報を統合させる名寄せ作業

名寄せとは、データベース上の同一人物を統合する事で、金融機関の場合には、クレジットカードやキャッシングカードなど、複数の会社が融資ビジネスを行うので、信用情報などの情報を共有する場合に必要となります。

金融機関以外でも、役所やアンケートなどの個人情報を扱う企業などでも、名寄せの言葉が使われ、データの統合が行われています。

主に氏名、住所、生年月日などのデータを照らし合わせて、データを統合するわけであり、クレジットカード会社によっては、申込時に過去に金融事故がなかったのかを確かめるために、信用情報機関のデータベースに照らし合わせることで、信頼できる人間なのかを確かめます。

金融関係の場合には、クレジットカードや消費者金融に申し込む場合には審査を行いますが、審査の為にデータベースに照らし合わせることになります。また、別の会社のクレジットカード支払いで金融事故を起こした場合には、他社のクレジットカードが利用できなくなるなど、信用機関に情報を登録することで、各会社が共有するのです。

過去に金融事故を起こした場合には、クレジットカードの情報は最低5年間は消えませんが、それ以降には信用情報機関からデータが消えるので、新たなる融資に関する信用を取り戻すことが出来ます。

しかし、自己破産を行った場合には消すことが出来ないので、簡単に統合が行われ、信用を取り戻すことが難しいでしょう。心を入れ替えて、新しい人生をスタートさせたとしても信用は失われたままです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ