商品の金利の一部を負担するバイダウンとは

金利のディスカウントの名称はバイダウンです。主に住宅や自動車の購入時にローンを利用しますが、ローンで発生する金利の数%を、住宅メーカー、自動車メーカーなどが肩代わりすることで、購入に対する負担を軽減し買いやすくするのです。

通常の買い物の場合には一括購入を行うので、直接、店や企業に支払うのですが、ローン契約の場合には信用会社などの金融機関と契約を行うことで、金融機関が購入金額を補い、その際に金利手数料が発生する仕組みとなります。

その為、ローンで分割で購入したとしても、金利手数料が発生することから、一括購入の金額よりも支払う金額が増えます。これが購入の妨げとなるので、販売促進のために、メーカーや販売店が数%をバイダウンさせることで、購入者のローンでの負担を軽減させ、買いやすくする販売促進の手法です。

住宅や自動車以外には、家電量販店や家具店などでも当店負担が行われることが多く、クレジットカードでの商品を決済させる場合にも適応されます。アメリカでは、住宅ローンが返済できない場合に、差し押さえられる前の対策として、モーゲージ・バイダウンと言われるものがあります。

これを行うことで、毎月の支払いの不足分を、第三者が部分的に負担するもので、月々の支払いの負担が軽減されるのです。
日本で身近なものとしてはやはり、家電量販店での店舗負担であり、高価なパソコンやテレビなどを買う際には、キャンペーンを利用してお得に入手することが出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ