マイレージサービスとポイントサービスの大きな違い

クレジットカードを利用するとポイントが付与されますが、航空会社が発行するものの場合だと、マイレージサービスと呼ばれるポイントサービスになります。マイレージサービスとは、マイルと呼ばれるポイントが付与されるもので、飛行機を利用した距離に応じて、付与されるポイントが変わってくるのが特徴です。

通常のクレジットカードの利用でもマイルが付与されるので、あまり飛行機を利用しない人でも、買い物を行うことでマイルを貯めていくことが可能であり、陸地でマイルを貯める人の事を「陸マイラー」と呼んでいます。

インターネット上には、航空会社が運営するマイレージクラブサイトが公開されていますが、そこで指定されたインターネットショッピングサイトで買い物をすることで、マイルを貯めたり、マイルを使って用意された商品と交換することが出来ます。

主に最新の家電製品からグルメなどまでありますが、飛行機を利用する際の座席のアップグレードや、航空券など飛行機にまつわるサービスも揃っています。

マイレージサービスを受ける場合には、航空会社が発行するクレジットカードの他に、スーパーのポイントと同じ仕組みのマイレージカードも用意されているので、クレジットカードを作らないとサービスを受けられないわけではありません。

マイレージカードでマイルを貯める場合には、指定されたインターネットショッピングサイトで買い物を行うことや、飛行機を利用して貯めることが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ