株式会社がインターネット上で公開する有価証券報告書

有価証券報告書とは、企業内容を外部へ開示する資料の事です。事業年度ごとに作成を行うので、株主、投資家向けの情報として、会社がどのような事業を行い、ビジネスとしてどれだけの利益が出せるのかを詳しく書かれた資料が、有価証券報告書となります。

大手企業の場合には、インターネット上のIR情報としていつでも確認することが可能であり、株主、投資家以外でも一般に公開されている情報です。

証券取引所に上場している株式会社や、1億円以上の有価証券を所有している会社の場合には、事業終了後の3ヶ月以内に金融庁への提出が義務付けられており、現在では電子提出が義務付けられています。

その為、自社のホームページ上で公開し、ホームページのリンクだけを提出する会社もあります。虚偽記載を行った場合には、金融商品取引法に反する犯罪として、懲役刑となります。有価証券報告書は、株主や投資家の情報源であり、市場を左右させる重要な書類となるので、市場を混乱させる要因として上場廃止になってしまうでしょう。

内容としては企業の沿革、事業内容から、設備状況、株式の状況、経理の情報、監査報告書など、会社の基礎となる部分が書かれており、会社の財産について細かく書かれています。

これを見た株主や投資家が、期待出来る会社なのかを判断し、投資をする判断材料となるので、事業の状況や財務情報、経営成績などがチェック項目となり、投資を行ってほしい会社ほど、実績を上げなければいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ