クレジットカードの濫用で注意すべきポイント

クレジットカードの濫用とは、クレジットをむやみに使ってしまうことです。クレジットカードの性質上、後から請求が来る仕組みとなっているので、カードで決済を行うと金銭感覚が狂ってしまう場合があります。それはカードホリックと呼ばれる現象で、多重債務に陥る場合あるので注意が必要です。

クレジットカードには、キャッシング機能も搭載されている物があり、ショッピングの利用以外に金を借りる事も可能である為、カードホリックの症状が大きく前進してしまいます。

利用金額の請求日が訪れると、返済できない場面に遭遇することで反省する人もいれば、逆に別の消費者金融から借り入れ、借金を借金で返済することで、深みに入ってしまう人もいるのです。

返済方法のリボルビング払いも一因として挙げられるのですが、リボルビング払いは毎月の返済額が一定になるので、クレジットの利用金額が増えると毎月の返済額は変動しませんが、返済期間が長くなるので、金利手数料だけが増加していく仕組みとなります。

その為、利用計画、返済計画をきちんと組み立てて利用することが重要になるでしょう。もし、濫用してしまった場合には多重債務者となり、信用情報機関に登録されると、クレジットをはじめキャッシング、ローンなどでも過去の金融事故として信用されずに、審査が通りにくい状況が生まれます。

多重債務者になる可能性があることを意識して、クレジットカードと付き合わないといけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ