クレジットカードでのカード決済のメリット

カード決済とは、クレジットカードで支払いを済ませることです。カード1枚で買い物やサービスの支払いが可能で、現金を持ち歩く必要がありません。クレジットカードを発行している会社が、一時的に支払代金を立て替えており、月に1度、まとめて請求する仕組みで、クレジット会社からの信用が重要となります。

その為、信用が増すごとに、ショッピング枠として利用できる金額、キャッシング枠として利用できる金額が増えていきます。

セキュリティ面としては、暗証番号、サインによる本人確認のうえでカード決済を可能としていますが、インターネット上の場合にはサインレスシステムなので、番号、有効期限、氏名と必要事項を入力するだけで支払いが出来てしまいます。インターネットでの利用の場合には、セキュリティ面の危うさも視野に入れないといけません。

インターネットサービスの数多くは、現金による支払いが出来ないので、クレジットカードでの支払いを行う機会が多くなっています。その為、カード番号入力などで悪意のある第三者が狙っていることが多々あり、セキュリティ面の意識を強める必要があるのです。

高額商品など、1度に支払えない金額の商品を購入する場合には、分割払いやリボルビング払いと、商品・サービス代金を分けることで、現金購入よりも商品を買いやすくしているサービスがあることも特徴となります。使い過ぎによる請求額が多い場合にも、後からリボルビング払いに変更することで、請求額の負担を減らすことが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ