債権管理回収業が行う業務内容と役割とは何か

債権管理回収業とは、不良債権を回収することを生業としている業者の事です。不良債権を生んだ背景には、バブル景気時代が大きく関わり、金銭の回転が良い時代に、高騰した不動産を担保に会社に融資などを行っていましたが、バブル景気が崩壊した後に、土地価格が下落し、会社が倒産したことで、回収出来ない債権が生まれました。

本来であれば、融資を行った銀行などの金融機関が回収業務を行うのですが、不良債権の多さと効率のいい収集を目的とした専門企業が必要になり、債務管理回収業が生まれました。取り立てる特殊な業種となるので、会社として成立させるには様々な条件が必要となり、法務省の許可が必要になります。

その為、小さな会社やこのビジネスで不当に儲けを出すことを目的とした組織は、債権管理回収業になることが出来ず、正規に法務省に認められた会社のみが業務を行うことが出来ます。

認められた業務を行う会社の大半は、大手銀行系列や大手企業の系列などが多いので、不当な取り立てなどは行われませんが、もし行った場合には、法務省から許可が取り上げられることになります。

法律ではサービサー法で規定されており、特定金銭債権が回収の対象です。これにはクレジットカードの利用金額や消費者金融からの融資なども該当するので、身近な金銭の取り立てを行う組織と言えるでしょう。その為、身近な融資の返済が滞った場合には、これらの会社から取り立てが行われます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ