代物弁済の予約を行うことで、債務不履行の際に代物で解決

代物弁済の予約とは、金銭債務不履行の際に、債務者が金銭の代わりにあらかじめ予約していた不動産などの財産で補うことです。債務者が、返済期限に金策が追い付かない場合には、債権者に対して、金銭の代わりにあらかじめ予約しておいた土地などの不動産で支払いを行いたいと申し込むことで、民法上では返済をしたことと認められます。

ただし、返済に充てた代物が、返済額よりも価値があるものであれば、暴利行為に該当となり、無効になります。

代物弁済には2種類あり、1つは通常の代物弁済で、自ら申し出ることで返済を行いますが、2つ目は債務不履行によって生じるもので、これは債務者からの返済が滞ってしまった場合に、債務者の意思表示は関係なく、債権者が代物を押収することで、代物弁済を行うものです。

一般的には、債務担保の目的で行われ、消費者金融などから融資を受ける際に、土地などの不動産を担保にして融資を受けるわけですが、債務者に債務不履行が発生すると、代物弁済の予約を行ったことで、財産で弁済する意思表示が認められ、所有権が債権者へと移行します。

メリットとしては、決済が早い事です。不動産の競売・売却を実施すると時間がかかり、売却価格も低く査定される場合もあり、返済金額を工面するためにはどうしても時間が必要となります。しかし、土地を担保としていれば、弁済不履行に陥った場合でも、土地で決済を行うことで簡単に解決する事が可能となり、早めに完結することが出来るでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ